プライベートラックの体験談

谷町九丁目 / 受付・店舗型, 待ち合わせ型 / 風俗エステ

ただの風俗エステ店ではない。トキメキがある人気店。

2017年02月10日

プライベートラックの体験談 画像step.1
谷九のプライベートラックさん。
ほっこりん内でも常にトップ3に入る人気店です。

ラックさんは、他の風俗店や性感エステとは一線を画した「ときめき」があるお店です。
HPやイベント内容、セラピスト写真を見たらきっと伝わると思いますが、業界臭が全くしないのです。
ほっこりんの目指すコンセプトにもとても近く、恐れ多いのですが、誠に勝手ながら盟友のように感じているお店です。
そして、今回の体験談でも、まるで彼女と会うようなときめきを味わいました。


今回は完全にプライベートでの訪問です。
僕こと「ほっこりんスタッフA」が以前からHPの文章・写真を見て利用させていただきたいと考えていたセラピストの出勤時間を狙って訪問。
面識のスタッフの方が受付だったので、バレていないはずです。
しかし、いきなりの指名は恥ずかしかったので、パネル指名で選ぶ(ついでに、他のセラピストの写真も見ちゃおう)作戦を決行。


80分コース16000円(ホテル代込)+指名料1000円で17000円に。
新規の方だとほっこりん割引でここから1000円割引です。
性感時のトップレス・ゴムリップが込みですので、非常にリーズナブル。
オプションもあるのですが、説明はこのときなかったので、とりあえずスルーしておきました。
※現在、更にお得な割引実施中のようですので、要確認を。
【現在の限定クーポンを見る】


待機室でそわそわ待つこと5分。ドア越しにセラピストの声が聞こえてきました。
準備が出来たようです。
このとき、カーテン越しに、隣の部屋から声が聞こえてきました。

じいやん「Aちゃん、この後、120分で指名入ってるからね。がんばって!」

これはあまり聞きたくない情報でした。
お店の方に、後でこっそり注意しておきましたので、今頃は改善されていると思います。



案内され、エレベーターに。
中で女の子が待っています。
・・・うほっ!想像通りの美少女です。
風俗街に似合わないガーリーなファッション。
小柄で豊満な体型。
HPには、口元の写真しか載っていませんでしたが、そこから上を、僕の都合良い想像を継ぎ足した、まさに理想系。
吉岡里帆ちゃんをちっちゃくした感じです。


エレベーターが終わるまでの間、
「お仕事だったんですか~、お疲れ様です。私もなんです、ふふふ♪ 今日は寒かったですよねえ」と、こんな変哲ないセリフからでも伝わる彼女の礼儀正しさと、優しさ。
最初から、僕のだらしない口元が緩んでしまうほど、テンションが上がりました。


歩いて1分。
谷九の中でも特に高級な綺麗なラブホテルでした。
部屋に上がると、彼女から「オプションのこと聞きました?」と質問が。
なかったと伝えると、丁寧で一生懸命な説明が。

----------------------------------------------
トップレス・マッサージ(全施術時間)+2,000円
オールヌード・マッサージ(SPタイムのみ)+2,000円
オールヌード・マッサージ(全施術時間)+3,000円
----------------------------------------------
という内容。
ナース服のドキドキ感も捨てがたいので、今回は、オールヌード・マッサージ(SPタイムのみ)を選択。
性感サービスのときに、オールヌードになってくれるオプションです。
オプション安いですなあ。
直接会ってから決めれるのも素晴らしい。


テキパキと彼女の準備が始まります。ナース服への着替えもするようで、別の部屋へ。
少し時間がかかるようで、ソワソワしながら待ちます。
二人の時間を邪魔されないようにスマホの電源をオフに。
そうこうしているうちに、彼女がナースの制服で登場。
後ろで結ったお団子ゆるふわヘアーになって、さっきとはまた違った可愛さに、思わず胸キュン。


お風呂に移動。
ボディーソープを泡立てて、ハンドで丁寧に洗ってくれます。
乳首で悶える僕を悪戯そうに笑い、そのままお尻も・・・ティッシュなど挟まっていないか確認しとけばよかった・・・。
もうこの時点で、フルボッキです。
お風呂も貯めていてくれました。


シャワー後、ベッドに移動。
うつぶせの状態で、オイルマッサージスタートです!
今回、2月のイベントということで「ゆたぽん」を肩と背中に乗せての施術となりました。
お風呂上りは寒いのですが、これのおかげで最初からポカポカに。


マッサージ内容はオーソドックスな流れですが、彼女の優しさが溢れていました。
意外に力持ちとのことで、弱めをお願いしていた僕に定期的に強さを確認してくれます。

途中で上に腰に跨って背中・肩を流してくれましたが、その際も、「重くないですか~?」と気遣い。
全く重くありません。それよりも腰に皮膚に感触に全神経を集中!
制服のスカートの下に確かに感じる、ノーパンツという名の桃源郷に思いをはせます。


鼠蹊部マッサージも、かなり研究されていましたね。
うつぶせの状態から、内股へ食い込んでくる彼女の手に思わず腰を浮かせてしまいます。
共通の趣味などで会話も弾み、仲良くなったところで、仰向けに。


ここから、ふいに訪れるHなムードが性感エステの醍醐味です。
ついに彼女が制服を脱ぎ始めます。
途中で恥ずかしくなったようで、電気を暗く・・・こういった演出も僕をたぎらせます。


推定Fカップのオーパイと、美しい下半身が露わに・・・。
めちゃめちゃ可愛い娘が、急にオールヌードへ。
この非日常観がたまりません!

「どんな体勢が好きですか?」「普段はどんな風にオナニーするんですか?」
Hな会話に、それまで演じていた紳士から、エロエロスーパーほっこりんモードに。

ソフトタッチはOKですので、彼女の反応を確認しつつ、許容の範囲で、さわさわさせていただきました。


そして、プライベートラックは、ゴムリップも標準で付いてくるという素晴らしいお店。
ゴムを付けてもらい、緩急の付いたリップサービスを堪能。
あんな可愛い子にこんなことまでしてもらえるなんて・・・エロさを通りこして申し訳ない気持ちさえ生まれてきました。
もちろん、あそこはチ〇コビンビン丸ですが。


最後は、添い寝をするように、横に寝そべった彼女と密着しながらの手コキッシュ。
「わぁ!いっぱい出た~」と彼女。
一人で気持ちよくなってしまい大変申し訳なく感じるほどの快感でした。


最後のお風呂もいちゃいちゃしながらの楽しい時間でした。
徐々に別れの時間に・・・なんて名残惜しいのでしょう。
こんな気持ちになったのは何年ぶりか。


ホテル代もお店が支払ってくれ、帰り道。
「また絶対来るからね。」
そう言うと、とても喜んでくる彼女。

そうは言うものの、結局は来ないお客さんもきっと多いことでしょう。
しばし見つめ合い、
「だけど、僕は違うよ。だから待っていてね。」
と、目でメッセージを送りました。
きっと彼女には伝わっているはず・・・。
証明するためにも、必ず行かねば。



私利私欲のため、今回は名前は伏せますたが、ここのセラピさんは本当に純な方が多いです。
冒頭で語ったような一貫したコンセプトがあるからでしょう。
他店と違い、女性運営スタッフの方が多いのも一因かもしれません。


指名料やオプションも安く、また入会金ホテル代込・トップレス・ゴムリップ込でこの値段というのも、おそらくラックさんだけ。
さらに、お得なるイベントも随時開催されています。
受付スタッフと会いたくない場合、谷九のホテル前で待ち合わせも 可能です 。


大プッシュ店であります!


【プライベートラックの店舗詳細ページを見る】

店舗情報

出勤情報
URL
最寄り駅
各線「谷町九丁目駅」3番出口より徒歩2分。専用駐車場もございます。
営業時間
11:00~LAST(最終受付 23:45)
電話番号
06-6774-3411
5月 ピックアップイベント
今月のイベント一覧を見る

TOP