ドスケベSPAトリートメント悟空の体験談

京都・河原町 / 受付・店舗型 / ヌルヌル泡洗体性感エステ

個室空間で泡まみれのいちゃいちゃ洗体タイム。

2018年07月19日

ドスケベSPAトリートメント悟空の体験談 画像step.1
どうも、ふんどしマスクです。
今回は、京都の「ドスケベSPAトリートメント悟空」に行ってきました。

オイルマッサージというより、洗体がメインのお店になり、また数少ない店舗型のお店になります。
阪急河原町駅から徒歩3分以内で、到着できてしまうビルの中にあります。

エレベーターで昇ると、フロントが目の前にあり、男性スタッフさんが、丁寧な姿勢で
「いらっしゃませ。ご予約はありますか?」と紳士な対応で迎えてくれました。

【ドスケベSPAトリートメント悟空の店舗詳細ページを見る】

【ドスケベSPAトリートメント悟空のオフィシャルHPを見る】

【フロントで受付】
今回は、予約なしで飛込みでお店に入りました。
スタッフさんから、今すぐ空いている女の子の案内を聞いていました。
「この娘ならすぐいけますと」パネル写真を見せてもらい、可愛い子だったので即決しました。
50分コース10500円のところ、ほっこりんの画面を見せるとで60分に延長されました。
現在の限定クーポンを見る

まだお昼過ぎくらいなのに、待合室は混んでいました。
でも、座っていた他のお客さんは、案内を受けて、待合室からいなくなり、また新しいお客さんが入ってきてと、とても回転が早いようでした。
ホテルに移動したりするホテルエステとは違い、店舗型なので、移動時間が少ないという事と、コースは一番ショートなもので、40分コースとかもあるので、効率よく回転しているのでしょう。

ボクは、予約なしですが、10分か15分くらいで、自分の順番がやってきました。

スタッフさんに、案内されたのは、「ゆら」さん24歳です。
写真は、アイドルみたいな感じでした。

プレイルームがある階に移動して、部屋まで一人でいくことになります。
プレイルームの階は、ビデオ試写室みたいに、部屋のドアがずらっと並んでいました。
リニューアル仕立てのホヤホヤな雰囲気が漂っていました。

ドアを空けると、、、4畳半くらいのカプセルみたいな部屋です。
決して広くはないスペースでしたが、空間をうまく利用した部屋が面白いです。
スペースの大部分が浴室。宇宙船の中のようなデザインの浴室みたいな部屋でした。


目の前に、女の子が正座で座って待っていました。
ニコって笑って、「こんにちは。ゆらです。よろしくお願いします。」
軽くおじぎをされ、ゆらさんは、立ち上がりました。
身長は150センチないくらいで、小柄で、細身の女の子でした。
笑ったときの八重歯がなかなかキュートでした。顔立ちはなかなかの美人さんです。

ゆらさん(24)

着ている服が、上はオレンジのTシャツの裾を片方を複部でくくって、おへそを出した格好で。
下は超ミニのスカートでした。
チアリーダーみたいな服装で、健康的でとてもエロいです。


【イチャイチャ着替えタイム。出会って開始4秒でキス!?】
ゆらさんがボクの首に両腕をかけた状態で、顔と顔がすごく近い距離に、、、ドキドキしてのもつかの間、目を瞑って、いきなりねっとりしたディープキスで歓迎のご挨拶が始まりました。

ちょっと触れただけでもわかる、スレンダーでかなり細身な身体でした。
雰囲気は、大人しそうな女の子に見えましたが、いきなりキスで出迎えなど、かなり積極的で感動しました。

ゆらさんに、着ている服を優しく全部脱がせて、ハグとキスを織り交ぜ、服の上からの胸をソフトタッチしたりして、イチャイチャを楽しんでおりました。

一度フルチンになり、自前のパンツを脱ぎ、紙パンツに着替えます。
履いてみるとすぐ破けそうで、なかなかデリケートなパンツでした。

そのまま、すぐ手元にあるシャワーで、お湯を全身にかけてもらい、ほぼハダカの僕とTシャツを着たゆらさんは、ずぶ濡れになり、すぐ横にある水を弾くマットのような素材のベッドに誘導されました。

従来の風俗エステ店だと、準備やシャワー室に入って体を拭いたりと時間がかかりますが、
「悟空」に関しては、部屋がすでに浴室なので、全部のことが一つの空間で、済まされるので、かなり無駄な時間が省けてるかと思います。



【泡まみれのいちゃいちゃ洗体タイム】
ベッドに仰向けのまま寝ていると、すぐ横で、洗面器一杯の泡を作っているゆらさんがいました。
超ミニのスカートをおっぴろげて、おパンツモロ見えの状態です。
ゆらさんはせっせと泡を作ることだけに集中しています。

いや、パンモロどころか、シャワーでぐしょぐしょに濡れたパンツに女性器がピタッと張り付いてますので、くっきりとした形が浮き出ていました。

おまけに、濡れたTシャツから浮き出たビーチク。

普通のハダカより、こういうハプニング性があった方が、より興奮してしまいます。
履いてる紙パンツがムスコの力だけで、つき破りそうになっていました。

ゆらさん「できたー☆ はい、泡作りおわったよー!」
できた泡を、全身に塗りたくられ、洗体エステが始まりました。

とにかく、泡でヌルヌルになった手で、全身を触られまくります。
背中、足、太ももと最初普通にキレイに洗ってくれて、そこから、腰まわりと、ちくびまわりを丁寧に洗ってもらいました。
もう片方の手で、紙パンツの中に手が入り、鼠径部、お尻、肛門、タマタマと、ぬるっとした手がまとわりつき、泡まみれになっていきました。

こんなに、時間をかけて、人の手で直接体を洗ってもらうことって、日常ではありえません。
指先を使って、細部まで、ほんとにちゃんと丁寧に洗ってもらいました。

ゆらさんも身体を超密着させて洗ってくれてるので、僕とふたり、泡まみれになって、マットのベッドは、一面雲みたいに、真っ白けになってる状態でした。



【ドロドロの性感サービスタイム(2回抜き)】
ゆらさん「じゃー仕上げにもーっと気持ちよくなってもらうねー」


仰向けになっている僕のうえから、優しく覆いかぶさるように上にのり、激しくディープキスをされました。
キスをされている隙に、いつの間にか、着ている紙パンツを脱がされ、完全フルチンの状態に僕はなっていました。

そこからは、、、

ディープキスと体を密着した状態が続き、ボクもゆらさんの服の上からではありますが、オッパイとかを触りまくり、顔を近づけパフパフしてみたり、あとは、パンツの上からお尻とか陰部を撫で回してみたり、更には顔を近づけ、、、おっとー、、全部言ってしまうところでした 笑

とにかく、激しく攻め合いっこしながら、すごく濃厚な時間でした。
その間ずっと、超絶テクの手コキが行われてます。

右手で手コキのまま、全身リップサービスの愛撫で、泡まみれなのか、唾液なのか、精液なのか、もうアソコの状態はぐっちゃぐちゃで。
そのまま、ピューっと急にフィニッシュした感じになりました。

今回は、「あーいく、いく、我慢できなーい」っていうより、いつの間にか、ぴゅーっとイっていた、そんな感じでした。
とっても夢見心地だったです。


ゆらさん「ん?まだ時間あるねー。それじゃーカラダ流そっかー!」

泡まみれのカラダとマットに向かって、シャーっとノズルを伸ばしたシャワーから温水をかけられ、一面の泡まみれの状態と飛び散った精子はあっという間に、洗い流されました。
まるで、自分自身が洗車されてるような気分になりました。

そのまま濡れた体のまま、やさしく包容され、いちゃいちゃしながら、ベッドの上で会話していました。

撫でるように、おちんちんを触ってくれるので、またムクムクって大きくなって、


ゆらさん「あ、また大きくなったー!エライ☆」

するとゆらさん濡れたパンツのまま、上にまたがり、下着越しの素股で、一所懸命、激しく腰を動かしてくれて、なんとなんと2回抜きまでしてくれました。

今度は、あーイク、イク、イクー」って、感じで昇天して、勢いよく精液を、撒き散らしました。


【そのまま服に着替え、部屋の中でそのままバイバイ】
ゆらさんが、水はけでかるーく部屋を掃除している間に、ボクも着てきた私服に着替えてました。その間は、ほっこりした会話を楽しんでいました。

着替え、シャワー、プレイ前の準備とか、他店で必要な時間がこの全て凝縮されたこの部屋で、短縮できています。
その分、女の子との会話とかエッチなサービスが増えて、ほんと濃厚な時間だったなぁーと思いました。

帰るときも、部屋でその場でバイバイするので、部屋に入った出来事として、夢ごごちな時間だったなぁと終わってからもそんな思い出になる不思議な空間でした。

がっつりマッサージをしてくれるお店ではないですが、
気持ち良くなるという意味では同じですが、あくまで密着洗体がメインです。

急に人肌恋しくなったり、ちょっとサッパリしていこう!っていう気持ちのときは、いつでも手軽に濃い時間を楽しめる。そんなお店ではないでしょうか。


皆さまも、泡まみれのフェスティバルを是非、堪能してもらいたいです。


「ドスケベSPAトリートメント悟空」お店の詳細

店舗情報

URL
最寄り駅
京阪「祇園四条駅」4番出口より徒歩2分
阪急「河原町駅」木屋町通(北出)A出口より徒歩1分
営業時間
12:00~24:00(予約開始11時~)
電話番号
075-257-4877
12月 ピックアップイベント
12月のイベント・クーポン一覧を見る

TOP